2008年03月24日

買いタイミングと勝敗

買いのタイミングで勝敗の8割が決まります。つまり、その銘柄にエントリーした瞬間に、勝負はほとんど決まっているのです。

これは順張りでも逆張りでも同じです。逆張りの場合はその効果がわかりやすく結果に反映され、順張りの場合はそれが過去のデータからはっきりしづらいという性質があるだけです。

たとえば急落後のリバウンドを狙った逆張りの場合、買いのタイミングがちょっと遅れることにより取れる値幅は小さくなり、同時に下落リスクが高くなります。

逆に早く買ってしまった場合は、つまり急落が買った後も続いてしまうわけで、いきなり含み損の状態になります。基本的にはこれは即損切りするということになり、すぐさま負けが確定するのです。

このように、買いのタイミングがちょっと早かったり遅かったりするだけで、利益を出すタイミングが減り、逆に損失を出す可能性が高くなるのです。

実際には参入タイミングから株価が上下する確率はほぼ50%なのですが、心理その他の要因により損失可能性が利益の可能性を上回るようになるのです。

買いのタイミングは、それこそデータと経験から得た直感で養うしかないですが、それには実践と反省を真剣におこなうことが大事です。

デイトレを軽く扱わずに、真剣に取り組むことが、勝ち組デイトレーダーになれる唯一の道だといえるでしょう。
posted by デタ at 23:05 | TrackBack(0) | デイトレードの基本?
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13082152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック