2008年03月24日

勝ちパターンを作る

デイトレードでは損失を最小限にコントロールするとともに、勝ちぐせを付けて勝ちパターンを構築することも重要です。

デイトレは精神論では勝てませんが、その本質がゼロサムゲームであり心理戦という要素も絡むため、精神面での安定性も勝敗を決める要素となります。

生活のリズムと同じように、取引にもリズムがあります。寝るのが遅くなったりバカ食いしたりしたときには体の調子も崩れますが、同時に精神も崩れるもので、それと同じようにデイトレでもリズムが大事なのです。

小さな勝ちをコツコツ拾い、それにより勝ちグセをつける。そして、絶好球が来たらフルスイングを心がける。これがデイトレの必勝パターンだと、管理人は思っています。

なかなか絶好球というものはこないのが現実ですが、きたときに本領を発揮するには、それまでにコンディションを整えておくことが重要です。

取引リズムが狂っていたら勝てる勝負も負けてしまうかもしれないし、そもそも絶好球がきたことすらわからないかもしれません(本当にそうなのです)。

だからこそ、普段から勝ちぐせをつけ、勝ちパターン(絶好球)を知っておくことが大事なのです。

安易な売買はいけませんが、波に乗ることはいいことなのです。デイトレでは、損失のコントロールと勝ちパターンの構築で、1割は勝敗を支配できると思います。

残りの9割の内訳は、8割がエントリータイミングで、もう1割が運です。これについては別のページで解説します。
posted by デタ at 22:56 | TrackBack(0) | デイトレードの基本?
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13081904
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック